不用な洋服を判断するコツ

「もったいないから」「まだ着れる」とついつい溜まりがちになってしまう物の代表が洋服です。
そろそろ整理したいなーと思っても、どのよう服を捨てたら良いのか分からずに、結局そのままにという失敗談も良く耳にしますが、勇気を出して一歩踏み込む事で実は洋服は簡単に必要か、不用かの判断が出来ます。

まず判断するのに重要且つ、誰でも判断しやすいのは、1年の間に全く着なかった服です。
1シーズンで考えてしまうと少しサイクルが早いため、1年で考えて全く来ていないという服は思い切って処分する事をおすすめします。
どうしても迷うような服があるのでしたら、それだけ2年で着たかを考えて判断しても良いでしょう。
この考えをはっきり決めておくだけでも、殆どの不用な服は処分出来ると思います。

また増える事自体を防ぐ為に、一つ入れたら一つを出すという意識も持つようにしましょう。
これは、新しいカテゴリーの服を買ったらクローゼットに入れて、古い同類の服を出して処分するという方法です。
こうすればクローゼットが溢れてしまう事もありませんし、段々と無駄に洋服を買ってくる事も無くなりますので、節約にも繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事