物への執着を捨てるために

近年流行っている断捨離という考え方は、ヨガの思想が元になっていますが、要らない物を断ち、不要なゴミを捨てて、物への執着から離れるということ意味しているのです。

人は、無意識に物を溜め込んでしまうものですが、今の自分にとって魅力的だと感じる物のみを選び取り、要らない物は意識して取り除く必要があり、自分にとって必要な物を判断し、不用品を捨てることを繰り返すうちに、物への執着も薄くできるのです。

自分自身を客観視することもできるようになりますから、まず身近なスペースから断捨離を日常的に実行するようにして、快適に暮らせる部屋作りをしていきましょう。

優柔不断なため、なかなか判断できないという人は、物の視点ではなく、自分の視点で決断することが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事