不用になった大型家具の賢い処分法について

大阪市で処分する場合

自宅で愛用していた家具を大阪市で処分するには、普通ゴミではなく粗大ゴミ扱いになりますので、一度粗大ゴミ収集受付センターへ連絡を入れることです。
家具の大きさにもよりますが、粗大ゴミにかかるコストが200円から1000円ほどになり、粗大ごみ収集も日にちが決められているので、日時に合わせて指定場所へ置くことが大事です。
粗大ごみを捨てるのにコストを掛けたくないという理由で不法投棄をすると大阪市では5年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられるので絶対にしてはいけないです。

まだ使える家具は買い取りをしてもらおう

まだ現役として活用できる家具を処分する場合は、リサイクルショップやインターネットオークション等で買い取りをしてもらえます。
リサイクルショップでしたら持ち込みをして査定をしてもらった時点で、買い取り価格に納得できるのでしたら、その場で処分ができます。
インターネットオークションは、リサイクルショップよりも高い価格で引き取ってくれますが、いつ落札されるかは分からないので少し長い目で見る必要があります。
そして、落札者に対しては落札者の負担のないような送付を心掛けることも求められます。

引っ越し業者などの業者による引き取りを利用する

引っ越しが原因で家具を処分しないといけない場合は、引っ越し業者が行っている引き取りサービスを利用すると、引っ越し時に不要な家具を一気に処分できます。
ただ、引っ越し業者によっては条件付きで引き取りがありますので、そのあたりは引っ越し業者ごとで確認する必要があります。
そして買い替えで処分する場合は、家具業者が実施している下取りサービスを利用するのも良い手段です。
下取りをすることで家具の割引チケットなどを提供してくれる業者もあります。
最近では、リユースの家具を専門に取り扱う業者も増えているので、下取りを歓迎してくれる傾向があります。
有料または無料で処分に困る家具を賢く手放すことができます。
家具の状態や年数などを考慮して、家具に適した処分をすることが求められます。

最新のお知らせ

  • 登録されているお知らせはございません。

ランキング


最近の投稿